「正常さ」という病い

アルノ・グリューン 著,馬場謙一, 正路妙子 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
「正常さ」という病い

定価本体2600+税

発売日2001年4月

ISBN4-7917-5882-1

現代の典型的な病いは現実順応型の狂気である。両親の偽りの「愛」に服従した子どもは、内面性を失って外面的「現実」「正常さ」に固執し、「愛」の名の下に破壊をもたらす。精神分析理論と豊富な臨床経験に基づき、現代史上の人物や文学作品に例をとりつつ、現代社会の矛盾とその克服法を提示する。