ウィトゲンシュタインの建築

バーナード・レイトナー 編 著,磯崎新 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ウィトゲンシュタインの建築

定価本体2200+税

発売日2008年7月

ISBN978-4-7917-6418-1

20世紀最大の思想家
ウィトゲンシュタインの

明晰性・厳密さ・審美意識によって
構築された
〈家〉の全ドキュメント。

ウィトゲンシュタインは"職業的"な建築家の教育を受けなかった。幼時に、彼は機械および技術的な問題に強い関心を示していたし、工学を学んではいたが、これらの技術的なものへの関心は、建築の実際的な問題に、まるまる二年間を費やすことになる仕事をなぜ引きうけたか、その理由の説明にはなるまい。建築の外観の立体的な形象は、アドルフ・ロースの建築を想起させる。しかしその内部は二十世紀の建築史においてもユニークなものだ。すべてが、熟慮されている。慣用されていたものからも、職業的なアバンギャルドからも、何ひとつ直接的に移植されたものはない。

line2.gif

【目次】

謝辞

  バーナード・レイトナー

一九四〇年代初期、ヘルミーネ・ウィトゲンシュタインにより書かれた「家族の回想」


配置図と外部

建築許可のためのプラン

内部

エントランス

扉と窓

証明

主階の床

放熱器

金属仕事
 

ウィトゲンシュタインからウェーバー商会宛の手紙
 

解説
ウィトゲンシュタインと建築
  黒崎宏

ウィトゲンシュタインの家について  多木浩二

訳者あとがき  磯崎新