青い薬

フレデリック・ペータース 著,原正人 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
青い薬

定価本体2400+税

発売日2013年9月

ISBN978-4-7917-6712-0

主人公のフレッドは10代の後半に恋していたカティと数年ぶりに出会い、幾度かの逢瀬を通じて、再び恋に落ちる。しかし、彼女は実はエイズに感染していた……。 主人公はペータース本人という実話がベース。エイズというテーマを扱いながらも、全体を清涼感が貫く。詩的な省察を交えつつ、二人の、時にユーモラスで時に繊細なやりとりが綴られる。 ブノワ・ペータース「闇の国々」に続く、新世代のBD作家、初の邦訳。