「ひきこもり」に何を見るか

-グローバル化する世界と孤立する個人 -

鈴木國文, 古橋忠晃, ナターシャ・ヴェルー 編著 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
「ひきこもり」に何を見るか

定価本体2600円+税

発売日2014年11月

ISBN978-4-7917-6823-3

「ひきこもり」は、いまや日本のみならず世界的な話題となっている。 日本とフランスの第一線の研究者が、 精神医学・社会学・人類学・哲学・心理学など多種多様な領域を横断して、 この今日の社会を象徴する現象の深層に光を当てる。 「ひきこもり」のなかに、時代が抱えるネガティヴな問題だけではなく、 それを超えていくポジティヴな希望も探ろうとする試み。 全12章で構成される、学際的・国際的な知の結集。 「ひきこもり」現象のなかに現代の社会病理を、そして希望を探る。