言葉を離れる

横尾忠則 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
言葉を離れる

定価本体2100円+税

発売日2015年9月

ISBN978-4-7917-6886-8

第32回講談社エッセイ賞受賞!!

 

小説と画家宣言、少年文学の生と死、映画の手がかり……。

観念ではなく肉体や感覚の力を信じ続けてきた画家が、言葉の世界との間で揺れ動きながら、自伝的記憶も交えて思考を紡ぎ出す。

line2.gif

【目次】

 

1 宿命に気づく時

2 肉体が感得するもの

3 鍵の在処

4 観察の技法

5 波乱の始まり

6 想定外の連続

7 買書の心得

8 三島由紀夫の冷静

9 地獄と天国のジェットコースター

10 インドからの呼び声

11 小説と画家宣言

12 「ディオニソス」の饗宴

13 ラウシェンバーグの軽やかな芸術

14 滝のひらめき

15 運命を手なずける

16 映画の手がかり

17 少年文学の生と死

18 言葉を離れる

19 自分の中の革命

あとがき

line2.gif

[著者]
横尾忠則(よこお ただのり)
1936年、兵庫県西脇市生まれ。美術家。1972年にニューヨーク近代美術館で個展。その後も世界各国のビエンナーレで活躍する。国際的に高い評価を得ており、海外での発表が多く、近年は東京都現代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内の美術館でも相次いで個展を開催。1995年に毎日芸術賞、2001年に紫綬褒章受章、2008年に小説集『ぶるうらんど』で第36回泉鏡花文学賞、2011年に旭日小綬章受章、同年度朝日賞、2014年山名賞、2015年高松宮殿下記念世界文化賞受賞など、受賞・受章多数。2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に「豊島横尾館」開館。