ユリイカ2016年3月号 特集=古屋兎丸

-『Palepoli』『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』…少年と少女の永遠-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2016年3月号 特集=古屋兎丸

定価本体1,300円+税

発売日2016年3月

ISBN978-4-7917-0306-7

■私が出会った人々*3
故旧哀傷・中松澗之助   / 中村 稔

■記憶の海辺——一つの同時代史*11
メフィストの小旅行 あるいは東京大学  / 池内 紀

■詩
ホロウ   / 朝吹亮二
馬、牛、兎。   / カニエ・ナハ

■耳目抄*337
言葉と歩く   / 竹西寛子

■第7回倉橋由美子文芸賞発表
河童   / 山根恭子 選評=旦 敬介

特集*古屋兎丸
『Palepoli』『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』…少年と少女の永遠

■インタビュー
信じる者の救いかた ファナティックなバランス感覚  / 古屋兎丸 聞き手=可児洋介

■古屋兎丸短篇マンガセレクション
河馬/走る顔/異形/たえこ/不思議の国のありす/さちこ/まりこ 久しぶりに読み返してみると――自作コメント / 古屋兎丸

■祝福された黙示録
夢でもし逢えたら、素敵なことね    / 小泉義之
「かわいい世界」は可能なのか    / さやわか
美しいから好きだよ 他一篇    / 最果タヒ

■対談
“光”クラブより応答あり    / 伊集院 光 古屋兎丸

■線に殺されないためのレッスン
逆説的な、あまりにも逆説的な 古屋兎丸の初期作品を巡って  / 永山 薫
古屋兎丸と『月刊漫画ガロ』    / 可児洋介
若年女性を象る線とイメージの所在   古屋兎丸、類型と引用 / 杉本章吾

■映画『ライチ☆光クラブ』
ジャイボの愛情と酷薄    / 間宮祥太朗 聞き手=編集部
『ライチ☆光クラブ』の〈新生〉    / 内藤瑛亮 聞き手=編集部

■救済と破滅の叙事詩
少年の世界への別れと鎮魂  『インノサン少年十字軍』 / 平田松吾
小さきもの達の囁きを聴け  『幻覚ピカソ』の精神分析  / 稲垣 諭
きっと、憎むものはおなじ    / 西田 藍

■學蘭歌劇『帝一の國』
帝一のおまつり    / 木村 了 聞き手=編集部
光明のあるところを目指して    / 三津谷 亮 聞き手=編集部
ダイアローグの横顔  ふたつの二次元からの跳躍  / 喜安浩平 聞き手=編集部

■美しき者の革命劇
「政治的なもの」を浮かび上がらせる  『帝一の國』をめぐる小考  / 紙屋高雪

異端の系譜(仮)    / 日高利泰

■純粋なる生の一幕
古屋兎丸全マンガ単行本解題    / 可児洋介

 


■今月の作品
石川木子・小畑亮平・牛坂夏輝・竹村転子・神山紗良  / 選=三角みづ紀

■われ発見せり
ロータリー    / 百瀬 文