ユリイカ2014年3月臨時増刊号 総特集=世界マンガ大系

-BD、グラフィックノベル、Manga…時空を結ぶ線の冒険-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2014年3月臨時増刊号 総特集=世界マンガ大系

定価本体1,300円+税

発売日2014年3月

ISBN978-4-7917-0251-0

【ふたりの案内人】
闇のなかに光あり 実在と不在の住人をめぐって / ブノワ・ペータース+フランソワ・スクイテン 聞き手=原正人
描線・色彩・人間 BDにおける身体 / ブノワ・ペータース+フランソワ・スクイテン+大友克洋 司会=夏目房之介
紙の上の時間 / ブノワ・ペータース+フランソワ・スクイテン+浦沢直樹 司会=原正人
都市とユートピア / ブノワ・ペータース+フランソワ・スクイテン+伊東豊雄+仲原正治 司会=マニュエル・タルディッツ

【“Manga”を超えて】
本の海、そしてグラフィック・ノヴェルの宇宙 『リトル・ニモ』から『ビルディング・ストーリーズ』への道 / 小野耕世
二〇一二年「海外マンガ・フェスタ」とマンガ研究の課題をめぐって / 夏目房之介
都市的な背景 『闇の国々』における都市と建築群が意味するもの / 森山高至
フィクションとアクション 現実と日常を綴るために / エマニュエル・ルパージュ+バスティアン・ヴィヴェス+大友克洋 司会=原正人
マンガ翻訳者という職業 / 関口涼子

【memoir】
「私のバルト」、いくつかのイメージ / ブノワ・ペータース 訳=進藤久乃

【到来するイメージ】
どこかにいてどこにもいないもの [JBBY国際講演会] / ショーン・タン+柴田元幸

【絵物語の舞台装置】
新しい物語メディアの作り手、テプフェール / 森田直子
多島海のタブロー 絵画的マンガ論のために / 中田健太郎
多角的スタイルをめぐって / 笠間直穂子
変転する価値 アーモリー・ショーからハイ&ロウ展までのアメリカ美術とコミックス / 小田切博

【本邦初訳】
青い薬 / フレデリック・ペータース 訳=原正人
フレデリック・ペータース『青い薬』解題 / 原正人

【内在・外延・拡張】
マンガと芸術と文学と / 古永真一
フレデリック・オッパーの神業 / 三浦知志
とあるMの定義と起源 / 野田謙介
漫画と絵本 / 寺村摩耶子
マンガが吹き込む新しい息吹 海外のマンガとアニメーション、一筋縄ではいかないその関係 / 土居伸彰

【線は地球をつなぐ】
世界マンガの鳥瞰図 原正人(BD)・山根緑(イタリア)・岩本順子(ドイツ)・椎名ゆかり(アメリカ)・小田切博(イギリス)・張彧暋(香港)・宣政佑(韓国)・鹿島拾市(韓国/オルタナ系)・新江利彦(ベトナム)・玉置真紀子(フィリピン)