ユリイカ2012年12月号 特集=クリストファー・ノーラン

-『メメント』から『インセプション』、そして『ダークナイト ライジング』へ-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2012年12月号 特集=クリストファー・ノーラン

定価本体1,238円+税

発売日2012年8月

ISBN978-4-7917-0241-1

■人生に関する断章*8
  ミステリーについて / 中村稔

■破局論*4
  二人のカフカ / 飯島洋一

■詩
  プールにまつわる、エトセトラ / 藤田貴大

■耳目抄*302
  かなしいという言葉 / 竹西寛子

特集*クリストファー・ノーラン 『メメント』から『インセプション』、そして『ダークナイト ライジング』へ

【Wild and Real.】
伝統主義者 / クリストファー・ノーラン 聞き手=ジェフリー・レスナー 訳=滝浪佑紀

【明けの明星、宵の明星】
ヒーローなしで今日の悪に対抗するには / 中島隆博
嘘の時代 / 吉本光宏
心理主義から「心の理論」へ / 斎藤環
毒とリハビリ / 三浦哲哉
奇術師のニヒリズム / 福嶋亮大
虚無から美へ クリストファー・ノーラン監督作品に見る「生の創造」 / 今村純子

【記憶と時間の版図】
よるべなさの捕獲; クリストファー・ノーランの『フォロウィング』 / 篠原雅武
心理の主体、皮膚の主体 / 小泉義之
ナイトミュートの消えてゆく時間 / 宮沢章夫
秘密と妄執のスペクタクル 『プレステージ』の脚色についてのメモ / 篠儀直子
映画に精神を植えつける 『インセプション』について / 入江哲朗

【Re-presentation of Cinematic symptom.】
肉食の紳士 クリストファー・ノーランの解体=構築 / 大友啓史 [聞き手=編集部]
遠近法の曲がり角 クリストファー・ノーランとグリッド / 鈴木一誌
構造と落下 『インセプション』における重力 / 高村峰生
テスラ、フーディーニ、ドラえもん クリストファー・ノーランと死者の共有 / 橋本一径
バットマンの数多の顔(Many faces of Batman) / 小田切博
映画の基盤を掘り起こす / 小澤京子

【円環の階段】
クリストファー・ノーラン主要作品解題 / 渡邉大輔

■今月の作品
  真田聡子・上館恵理・貝又臣・藤本敦 / 選=小池昌代

■われ発見せり
  カフカ少年は光源氏の夢を見るか / 西野厚志