現代思想2010年1月号 特集=レヴィ=ストロース

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2010年1月号 特集=レヴィ=ストロース

定価本体1300円+税

発売日2010年1月

ISBN978-4-7917-1207-6

■連載――ヴィータ・テクニカ 第4回
  生態学的転回エコロジカル・ターンについて 後 エコ・バイオ・キャピタルへ / 檜垣立哉

■連載――和辻倫理学とは何か 第10回
  和辻に 「市民社会」 はない 「町人根性」 と 「資本主義の精神」 / 子安宣邦

■連載――日本を問い直す 第24回
  追悼する者とされる者と / 川田順造

■連載――家族・性・市場 第50回
  ベーシックインカム・2 / 立岩真也

特集=レヴィ=ストロース  

【エッセイ】
レヴィ=ストロースから学んだもの / 川田順造
訃報で思い出したこと / 西江雅之
サウダージの回帰線 マッシモ・レヴィとナンビクワラ / 今福龍太

【テクスト】
神話の思考と科学の思考 / クロード・レヴィ=ストロース (訳=松本潤一郎)
神話はいかにして死ぬか / クロード・レヴィ=ストロース (訳=泉克典)
熱帯への返礼として / クロード・レヴィ=ストロース [聞き手=エドムンド・マガーニャ] (訳=原毅彦)
ある未開部族における首長制の社会的および心理学的側面
 マト・グロッソ北西部ナンビクワラ / クロード・レヴィ=ストロース (訳=久保明教)
アジアはヨーロッパに対し物質的かつ精神的な債権を有する
 / クロード・レヴィ=ストロース (訳=泉克典)
グラックス・バブーフと共産主義 / クロード・レヴィ=ストロース (訳=渡辺公三)

【討議】
レヴィ=ストロースの問いと倫理 / 渡辺公三+小泉義之

【ブリコラージュ】
仮面の声 / 出口顯
構造でシステムを飼い慣らすということ / 小田亮

【芸術】
〈神話〉を見る、〈レヴィ=ストロース〉を聴く / 原毅彦
種の魅惑、縮減模型の魂 『野生の思考』 再読 / 田中純
もう一人のレヴィ=ストロース 連続性の問題をめぐって / 箭内匡

【問い】
〈構造〉は街路に降りたか 覚書 / 丹生谷貴志
植物採集と新大陸 ヤヌスとしてのレヴィ=ストロース / 春日直樹
迫り来る退屈に抗うこと / 澤野雅樹

【政治】
レヴィ=ストロースの思想的振幅 他者に従属することと他者を従属させること / 太田好信
レヴィ=ストロースと/の哲学 / 松葉祥一

【構造】
メルロー=ポンティからレヴィ=ストロースへ、そして・・・・・・ / 木村秀雄
人類の 「経済表」 とその危険な起源だいほ / 長原豊
レヴィ=ストロースと 「象徴的なもの」 の生産 / 佐藤嘉幸
レヴィ=ストロースと鳥インフルエンザ
 潜在的カタストロフィの構造人類学 / フレデリック・ケック (訳=山崎吾郎)

■研究手帖
  世界文学から見た日本 / 佐久間由梨