現代思想2007年4月号 特集=教育の未来

-国家・格差・現場-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2007年4月号 特集=教育の未来

定価本体1,238円+税

発売日2007年4月

ISBN978-4-7917-1162-8

新連載――近代の超克 第1回
  「近代の超克」 論の序章 昭和イデオロギー批判 / 子安宣邦

■連載――人間原理のパラドクス 第6回
  「論理で終末を予測」 できる時代 2 / 三浦俊彦

■連載――家族・性・市場 第19回
  技術について / 立岩真也

特集=教育の未来 国家・格差・現場

【討議】
教育・国家・格差 / 斎藤貴男+大内裕和

【現場から】
教育改革は本当に必要だったのか / 赤田圭亮
眠れない夜と教育改革の日には、忘れかけてた 「愛国心」 がよみがえる / 岡崎勝
「いじめ」 評価・消費社会の到着地 / 小沢牧子

【教育再生】
学校再生の哲学 「学びの共同体」 のヴィジョンと原理と活動システム / 佐藤学
教育と心性操作 / 佐々木賢
格差と排除の教育マニュアル 教育再生会議第一次報告批判 / 大内裕和

【教育と市場】
日本学生支援機構のレジリアンス / 白石嘉治
ノルディック・モデル 北欧型教育の歴史的現在 / 福田誠治
教育と都市について / 矢部史郎

【教育と国家】
新自由主義国家における教育改革 教育基本法改定と石原都政の教育改革 / 進藤兵
警察と教育 「犯罪者予備軍」 としての少年対策 / 清水雅彦
レッドパージの後のように / 東琢磨

追悼――J・ボードリヤール
  若き日の知的冒険から / 塚原史

■研究手帖
  地図を描く / 三原芳秋