現代思想2007年12月号 特集=量子力学の最前線

-情報・脳・宇宙-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2007年12月号 特集=量子力学の最前線

定価本体1,238円+税

発売日2007年12月

ISBN978-4-7917-1173-4

新連載――通天閣 第1回
  ジャンジャン町パサージュ論(1) 新世界! 新しい世界!  / 酒井隆史

■連載――近代の超克 第9回
  ドレイ論的日本近代批判 竹内好と二つの魯迅 / 子安宣邦

■連載――家族・性・市場 第27回
  働いて得ること / 立岩真也

特集=量子力学の最前線 情報・脳・宇宙

【導入】
量子力学の身分 人類の特殊性を炙り出しているのか?  / 佐藤文隆

【討議】
量子宇宙の最前線 / 竹内薫+横山順一

【情報】
量子情報技術と科学基礎論 / 小澤正直
量子コンピュータ 並行宇宙論から生まれた未来の計算機 / 西野哲朗

【脳】
物質の時計合わせ / 松野孝一郎 [聞き手=港千尋]
「ありふれた非局所性」 の起源を求めて / 茂木健一郎

【宇宙】
量子重力と哲学 / 内井惣七

【生命】
なぜ余計なことを考えるのか 量子もつれ・セレンディピティー・生命の時間  / 郡司ペギオ幸夫+塩谷賢

【哲学】
幾何学的存在論と物理的実在性
 非可換幾何学の概念構成と場の量子論への応用の認識論的分析 / 原田雅樹
量子力学への統計力学的アプローチ / 白井仁人
論理のなかの量子 / 渡部鉄兵

■研究手帖
  クィアに読むことで / 黒岩裕市

■現代思想2007年 総目次