現代思想2007年10月号 特集=温暖化の真実

-環境問題の発見-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2007年10月号 特集=温暖化の真実

定価本体1,238円+税

発売日2007年10月

ISBN978-4-7917-1169-7

■連載――近代の超克 第7回
  宣戦になぜかくも感動したのか 「支那事変」 と 「大東亜戦争」 との間 / 子安宣邦

■連載――人間原理のパラドクス 最終回
  輪廻する倫理 / 三浦俊彦

■連載――家族・性・市場 第25回
  無償/有償 / 立岩真也

特集=温暖化の真実 環境問題の発見

【エッセイ】
環境について、本当に考えるべきこと / 養老孟司
地球温暖化仮説の 「グレー度」 は何パーセント? / 竹内薫

【討議】
冷静に温暖化を考える / 伊藤公紀+池田清彦

【環境と科学】
地球環境問題と科学的不確実性 / 宗像慎太郎

【生存と資源】
水をめぐるパラダイム、歴史の問題としての水
 宇井純とシヴァの再論の試み / 塚原東吾+松岡夏子
好都合な真実 時論 / 長原豊

【環境と社会】
中国の緑化の現場から / 上田信
黒糖、パイン、黒紫米 西表島の物流と自然 / 大塚善樹

【気候変動とコミュニティ】
〈気候格差〉 の真実 地球温暖化をめぐって今ほんとうに問われていること / 池田寛二
持続可能性を確保する社会思想 / 倉阪秀史

【自然の歴史学】
紫外線をめぐる知識・技術・言説 / 金凡性

【エネルギーと安全保障】
原子力介護政策に根拠はあるか / 吉岡斉
気候安全保障をめぐる国際秩序形成へ ハイポリティクス化する環境政治の真相 / 蟹江憲史

■研究手帖
  「性」 を特化する眼差し / 嶽本新奈