現代思想2003年7月号 特集=ウイルスとの遭遇

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2003年7月号 特集=ウイルスとの遭遇

定価本体1,238+税

発売日2003年7月

ISBN978-4-7917-1108-6

新連載――国家と祭祀 第1回
  国家神道の現在 / 子安宣邦

■連載――インターネットの思想 最終回
  マイクロソフトはいかにしてインターネットを征服したか / 脇英世

特集=ウイルスとの遭遇  

【エッセイ】
SARSウイルスとの遭遇 / 多田富雄

【討議】
ウイルスの戦略 / 村上陽一郎+畑中正一

【ウイルスとの遭遇】
ウイルスと出会う / 山内一也
ウイルスの出現 / 長野敬
自然の再侵襲 気候変動が示唆すること / 塚原東吾

【病と国民国家】
生を対象‐目的とする政治権力 / 長原豊
近代の夜明けと黄昏に遭遇する疫病 コレラとSARS / 長谷川敏彦

【感染とは何か】
感染と情報 / 港千尋
保菌者に関する素描 サドッホのための / 澤野雅樹
アウトブレイクの社会的効用 / 美馬達哉

【SARSの衝撃】
防疫行為と空間の政治学 / 楊念群 (訳=佐藤賢)
SARSという衝撃 感染症と中国社会 / 飯島渉
SARSの告発 台湾のSARS問題からみえてくるもの / 蕭幸君

【科学とウイルス】
リスク、不確実性、悲劇性 科学主義的リスク言説が置き去るもの / 平川秀幸
人類が生物の巧みさから学んだこと / 粥川準二
リベラル新優生学と設計的生命観 / 金森修
類的存在と生‐政治 種の境界をいかに越えるか / 田崎英明

■研究手帖
  シニシズムと〈動物〉をめぐる覚書 / 清水知子