現代思想1998年3月号 特集=ユーロ・ラディカリズム

-アントニオ・ネグリの思想圏-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想1998年3月号 特集=ユーロ・ラディカリズム

定価本体1,238+税

発売日1998年3月

ISBN978-4-7917-1028-7

■連載――アンゼノロジー 第10回
  安全学の可能性 10 / 村上陽一郎

■歩行と思索
  歴史の横っ跳び / 富山太佳夫
  不遜な他者概念、差異が生ずる暗がり / 岩谷宏

特別掲載
  サッカー・部族・共同体 フランスサッカーのハイブリッド性について / 陣野俊史
  分裂病治療からカオス理論へ / ルーク・チオンピ [聞き手=河本英夫+花村誠一]
  私という旅 マイノリティ間の差異と政治(承前) / リサ・ゴウ [聞き手=鄭暎惠]

特集=ユーロ・ラディカリズム アントニオ・ネグリの思想圏

【テクスト】
批判としてのコミュニズム / アントニオ・ネグリ+マイケル・ハート (訳=長原豊)
警察学 / トニ・ネグリ (訳=松葉祥一)
低迷するヨーロッパ?産業循環の空間領域テリノワール 限界と障害 / アントニオ・ネグリ (訳=中原隆幸)
欲望する機械 『アンチ・オイディプス』 をめぐって / トニ・ネグリ (訳=杉村昌昭)

【ネグリを読む】
トニ・ネグリを読むために / 市田良彦
Il caso 7 Aprile A・ネグリとモロ事件 / 伊藤公雄
生産的労働者主義の伝統からの切断 アウトノミア運動の中のマルクス / 小倉利丸

【インタヴュー】
アントニオ・ネグリとは誰か / 小倉利丸 [聞き手=小倉虫太郎+酒井隆史]

【スピノザ】
アントニオ・ネグリのスピノザについて / 上村忠男
アントニオ・ネグリのスピノザ論 / 上野修

【世界へ】
《ピエール・メナールの教訓》から《トレーンの侵入》へ / 崎山政毅
砂漠のうえで ペルーの自治都市のたたかいから / 東琢磨

【運動】
アウトノミアからアクティヴィズムへ / 上野俊哉
高円寺ネグリ系、たまには他人の運動について語る / 矢部史郎+山の手緑

【思想圏】
集団的解釈の生理学の再構築
 ネグリ・ガタリ・ドゥルーズのマルクス主義における《マルクスの乗り越え》 / ケネス・スリン (訳=浅野俊哉)

【イタリア】
潜勢‐力と法 / ジョルジョ・アガンベン (訳=長原豊)
境界領域の思想 「辺境」のイタリア知識人論ノート / 新原道信

【経済】
〈セー法則〉を維持する時間‐空間装置――期待‐規範をめぐる闘争
 In Your Face Marxist! Toni Negri / 長原豊

■ウィトゲンシュタイン
  他者の語りとしての〈私〉論 永井独我論の脱構築(承前) / 勝守真

■研究手帖
  幼児の耳 / 村山敏勝