工学部ヒラノ教授の中央大学奮戦記

今野浩 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
工学部ヒラノ教授の中央大学奮戦記

定価本体1800円+税

発売日2017年3月21日

ISBN978-4-7917-6980-3

「2001年無職の旅」から新天地へ
国立大学を定年退職したヒラノ教授。再就職先は都内の私立大学だった。学校業務やシステムの違い、ユニークな学生たち、求められる教育や能力の変化、そしてあたらしい楽しみ。エンジニアとして研究者として円熟期をむかえた10年の記録。

line2.gif

【目次】
 

1 定年退職
 

2 最適停止問題
 

3 新天地
 

4 経営システム工学科
 

5 学生さまざま
 

6 大学院
 

7 学科運営
 

8 特許裁判
 

9 産学官連携・知財戦略本部長
 

10 社会的貢献活動


11 時代遅れの工学部教授
 

12 中大教授の楽しみ
 

13 二度目の定年
 

14 元中大教授の焦燥

 

あとがき 

line2.gif

[著者] 今野浩(こんの ひろし)

一九四〇年生まれ。専門はORと金融工学。東京大学工学部卒業、スタンフォード大学OR学科修了。Ph.D. 工学博士。筑波大学助教授、東京工業大学教授、中央大学教授、日本OR学会会長を歴任。著書に『工学部ヒラノ教授』、『工学部ヒラノ教授の事件ファイル』、『工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行』(以上、新潮社)、『工学部ヒラノ助教授の敗戦』、『工学部ヒラノ教授と七人の天才』、『工学部ヒラノ名誉教授の告白』、『工学部ヒラノ教授の青春』、『工学部ヒラノ教授と昭和のスーパーエンジニア』、『工学部ヒラノ教授の介護日誌』、『工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱』(以上、青土社)、『ヒラノ教授の線形計画法物語』(岩波書店)など。