Kと真夜中のほとりで

藤田貴大 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
Kと真夜中のほとりで

定価本体1700円+税

発売日2017年5月3日

ISBN978-4-7917-6985-8

少女たちの刹那、夜と朝のあわい、あの子がいた形跡。

マームとジプシーの代表作を、リズム、匂い、感触をそのままに

26歳で岸田國士戯曲賞を受賞し、現代演劇を更新し続ける俊英・藤田貴大。言葉と身体、詩と演劇の往還から生まれた、珠玉のフラッシュバック・ポエトリー5篇。

その場で捌かれてしまった人魚みたいに眩しすぎる、藤田貴大の言葉たち。
                            ――穂村弘(歌人)

line2.gif

【目次】
 

Kと真夜中のほとりで
 

プールにまつわる、エトセトラ
 

わたしの、身のまわり。そして、ささやかな現象。
 

さとこの、一週間。愛したり。愛されたり。
 

Rと無重力のうねりで
 

line2.gif

[著者] 藤田貴大(ふじた たかひろ)

1985年生まれ。北海道伊達市出身。劇作家・演出家。2007年マームとジプシーを旗揚げ。以降、全作品の作・演出を担当する。2011年に発表した三連作『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で、第56回岸田國士戯曲賞を26歳で受賞。以降、様々な分野のアーティストとの共作を積極的に行うと同時に、中高生との創作にも意欲的に取り組んでいる。演劇作品以外でも、エッセイ、小説、共作漫画の発表など、活動は多岐にわたる。