ユリイカ2018年3月号 特集=ソフィア・コッポラ

-『ヴァージン・スーサイズ』から『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』、そして『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』…豪奢と洗練の映画-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2018年3月号 特集=ソフィア・コッポラ

定価本体1400円+税

発売日2018年2月27日

ISBN978-4-7917-0346-3

2月23日(金)より『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が公開!
南北戦争時代の女学校を舞台にした最新作『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、二〇一七年の第七〇回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の監督賞を受賞した。『ヴァージン・スーサイズ』、『ロスト・イン・トランスレーション』から最新作に至るソフィア・コッポラの監督としてのキャリアを追い、その魅力に迫る。
目次予定*【インタビュー】ソフィア・コッポラ【論考/エッセイ】堀越英美/田村千穂/大久保清朗/河野真理江/小澤京子/渥美喜子/大久保美紀/槻舘南菜子/降矢聡/大津毅/久保宏樹【資料】伊藤弘了(ソフィア・コッポラ作品解題)