ユリイカ2018年5月号 特集=アーシュラ・K・ル=グウィンの世界

-1929-2018-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2018年5月号 特集=アーシュラ・K・ル=グウィンの世界

定価本体1400円+税

発売日2018年4月27日

ISBN978-4-7917-0348-7

アーシュラ・K・ル=グウィンの魅力に迫る、追悼特集
 『闇の左手』などの〈ハイニッシュ・サイクル〉シリーズから〈ゲド戦記〉シリーズ、そして〈西のはての年代記〉シリーズまで、文化人類学、ジェンダーやフェミニズムもモチーフにしたSF作品を刊行しつづけ、SF界だけではなく、アメリカ文学に多大な業績を残し、また全世界に影響を与え続けている、アーシュラ・K・ル=グウィンの魅力に迫る。

line2.gif

【目次】

■私が出会った人々*29
故旧哀傷・伊達得夫(三) / 中村稔

■詩
いま一度、いま千度、 / 田中宏輔

 

特集*アーシュラ・K・ル=グウィンの世界――1929-2018

 

■対談
「ゲド戦記」とわたしたち、あるいはファンタジーを継ぐということ / 上橋菜穂子×荻原規子

■ル=グウィン追想
小春日和のル=グウィンさん / 谷垣暁美
竜の言葉 / 池澤春菜
詩人の魂を秘めた幻視者 / 小谷真理
エルフランドからアースシーへ / 中野善夫

■オマージュイラスト
永遠のル=グウィン / 萩尾望都
鍵を開けた人ル=グウィン / 白井弓子

■スペキュレイティヴに
『闇の左手』の衝撃 / 大和田始
レル[Rer]には街路がない / 横田創
アーティチョークの茎とアカシアの石板――アーシュラとダナが出会うとき / 逆巻しとね
これをひとつのゲームだと考えよう。プレイヤーはきみだ。――アーシュラ・K・ル=グウィン『所有せざる人々』について / 河野聡子
ル=グウィンの政治的ユートピア小説について / 糸瀬龍

■インタビュー
アースシーを歩きつづけて / 清水眞砂子(聞き手=編集部)

■ル=グウィンの子供たち
「ゲド戦記」の変遷 / 三辺律子
野生の天使 / 寺村摩耶子

■名づけられしもの
『こわれた腕環』 世界まるごと少女の心 / 谷山浩子
「同じ土地」で「違う道を行く」ことについて / 上田早夕里
能楽師が読む「ゲド戦記」 / 安田登
見出された世界――アーシュラ・K・ル=グウィンにおける名・影・帰還 / 佐藤真理恵

■世界という精神
ちいさな世界と怒りについて / 谷崎由依
美しい偽史 / 西田藍
ル=グウィンとクリエイティビティの時代――「西のはての年代記」をめぐって / 藤井光
ロマンス / 髙山花子

■物語を語り継ぐ
訳すように書く――ル=グウィンの晩年作・未訳作から / 大久保ゆう
ル=グウィンと世界文学 / 津田雅之
アーシュラ・K・ル=グウィンと文藝共和国の夢――「西のはての年代記」三部作と『ラウィーニア』の場合 / 中西恭子
ラウィーニアの物語は終わらない――『ラウィーニア』と『アエネーイス』をめぐる試論 / 勝又泰洋

■西の善き魔女の年代記
ル=グウィン全邦訳書籍解題 / 宮本道人

 

■今月の作品
深森有/石井格/Resu/ゆずりはすみれ/森ジュンイチ
選=水無田気流

■われ発見せり
キャラクターは「図像」なのか? / 松下哲也

 

書容設計 editorial design = 羽良多平吉+えほんごラボ heiQuiti HARATA @ EDiX with ehongoLAB.