工学部ヒラノ教授の研究所わたりある記

今野浩 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
工学部ヒラノ教授の研究所わたりある記

定価本体1800円+税

発売日2018年7月21日

ISBN978-4-7917-7089-2

ここは、工学部よりも、もっとすごい秘境――その名は、「研究所」!
1965年4月1日、原子力のゲの字も知らないヒラノ青年は、なぜか原子力発電研究室に配属されてしまう。そして、そこから彼のキャリアが始まった――。ユニークな先輩たち、死に物狂いの論文との格闘。西へ東へ、電力の黄金時代から震災後の失墜まで、時代と空間を駆けめぐる
シリーズ最新作

line2.gif

【目次】
 

1 大手町ビル七三六号室

2 応用物理学科・数理工学コース

3 原子力発電研究室長

4 「大手町研究所」

5 駆け出し研究員の楽園生活

6 高速増殖炉専門委員会

7 未来学

8 アメリカ留学

9 スタンフォード大学

10 準ユダヤ人待遇の青年

11 日銀出身の調査マン

12 地獄のウィスコンシン

13 ウィーンの極楽生活

14 陸の孤島の煉獄

15 大手町ビル七三六号室再び

16 ギャング・オブ・フォー

17 二一世紀の電力中研

18 エピローグ

あとがき

line2.gif

[著者] 今野浩(こんの・ひろし)

1940年生まれ。専門はORと金融工学。
東京大学工学部卒業、スタンフォード大学OR学科博士課程修了。Ph.D.工学博士。
筑波大学助教授、東京工業大学教授、中央大学教授、日本OR学会会長を歴任。
著書に『工学部ヒラノ教授』、『工学部ヒラノ教授の事件ファイル』、『工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行』(以上、新潮社)、『工学部ヒラノ助教授の敗戦』、『工学部ヒラノ教授と七人の天才』、『工学部ヒラノ名誉教授の告白』、『工学部ヒラノ教授の青春』、『工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア』、『工学部ヒラノ教授の介護日誌』、『工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱』、『工学部ヒラノ教授の中央大学奮戦記』、『工学部ヒラノ教授のはじまりの場所』、『工学部ヒラノ教授の終活大作戦』(以上、青土社)、『ヒラノ教授の線形計画法物語』(岩波書店)など。