現代思想2018年12月号 特集=図書館の未来

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2018年12月号 特集=図書館の未来

定価本体1400円+税

発売日2018年11月27日

ISBN978-4-7917-1374-5

いま、図書館のこれからを考える
いま、日本の公共図書館は様々な模索をしている。本以外の生活必需品を貸し出し、人々が気軽に集える空間をつくり、子どもたちの相談にものる。また、被災地や過疎化が進む地域で、住民たちの繋がりのためのハブの役割を果たしたり、マイノリティにも平等に開かれた設備を整えたり……本特集では、民主主義と自由な学びの砦として、市民たち自身が支え合う図書館の未来と本の生態系について多角的に考察する。
目次予定*【対談】猪谷千香+鎌倉幸子 「図書館の未来」【インタビュー】岡本真 「未来の図書館をつくる」/川崎安子 「武庫川女子大学図書館の挑戦」【論考】嶋田学(瀬戸内市立図書館)/高橋真太郎(鳥取県立図書館)/新出(白河市立図書館)中村覚/鎌倉幸子/小川直人/高野明彦/長尾宗典/福島幸宏/鈴木一誌/呑海沙織/今井福司