ジャズ・エイジは終わらない

-『夜はやさし』の世界-

宮脇俊文 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ジャズ・エイジは終わらない

定価本体1600円+税

発売日2019年2月22日

ISBN978-4-7917-7144-8

フィッツジェラルドのマイノリティへのまなざし
『夜はやさし』に鳴り響く〈ジャズ〉の豊饒な小説世界

村上春樹『ノルウェイの森』やヘミングウェイ『エデンの園』との比較をとおして浮かびあがってくるものとは? そして、最高傑作『グレート・ギャツビー』に通底する世界とは? 哀しみと至福の文学体験へといざなう。

line2.gif

【目次】

序 章 『ミッドナイト・イン・パリ』とジャズ・エイジ

第一章 フィッツジェラルドの苦悩と『夜はやさし』

第二章 『夜はやさし』とヘミングウェイの『エデンの園』

第三章 『夜はやさし』と村上春樹の『ノルウェイの森』

第四章 信仰告白の小説

第五章 感情的破綻

第六章 アメリカ人特有の思い上がりと傷つく人々

終 章 終わらないジャズ・エイジ

line2.gif

[著者] 宮脇俊文(みやわき・としふみ)

1953(昭和28)年、神戸市生まれ。成蹊大学経済学部教授。専門はアメリカ文学、比較文学、ジャズ研究。日本F.スコット・フィッツジェラルド協会会長、ミネソタ大学客員教授などを歴任。主な著書に『『グレート・ギャツビー』の世界――ダークブルーの夢』、『村上春樹を、心で聴く――奇跡のような偶然を求めて』(以上、青土社)、『アメリカの消失――ハイウェイよ、再び』(水曜社)などがある。