仏師 快慶

-中世の鎮魂・勧進・結衆-

青木淳 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
仏師 快慶

定価本体予価2600円+税

発売日2019年7月

ISBN978-4-7917-7170-7

鎌倉時代の天才仏師 快慶。

近年の新発見のもとに、謎に包まれたその姿を明らかにし、新しい快慶の人物像とその魅力を描きだす壮大な歴史ノンフィクション。

著者は鎌倉時代の仏教と美術の歴史を見渡せる場所に立って快慶仏について考えてみたいという。東大寺南大門の仁王像に代表される数々の国宝を世に残した、運慶と快慶。今まで快慶その人物像、作品は多くはベールに包まれていた。昨今、その像内納入品の再解読やX線・CTスキャンなどのテクノロジーを用いたさまざまな調査から新たな快慶像が見出されるところとなった。本巻ではエックス線撮影により明らかになった仏像の胎内文書や秘宝の数々を紹介する。そこから分かった知られざる快慶の人物像とは?「NHKスペシャル 運慶と快慶 新発見! 幻の傑作」(初回放送2019年5月26日)の研究者による会心作!!(本書では快慶初期の作品:南都焼討から1201年作東大寺僧形八幡神像までの事績が語られます)