真昼の盗人のように

-ポストヒューマニティ時代の権力-

スラヴォイ・ジジェク 著,中山徹 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
真昼の盗人のように

定価本体2600円+税

発売日2019年7月20日

ISBN978-4-7917-7183-7

空前絶後の情勢に、唯一無二の哲学者が挑む。
社会の根本的な変化は、真昼のうちに起こっている。

左翼ポピュリズムは右翼ポピュリズムに対抗できるのか? 権力の座を手にした左翼はどうすればよいのか? 新自由主義的フェミニズムとはなにか? グローバル資本主義はファシズムに対する防衛手段なのか? 生命のデジタル化はグローバル資本主義を延命させるのか?

line2.gif

【目次】

序論――はじめにわるいニュース、次によいニュース……とはいえ、後者は前者よりわるいかもしれないが

第一章 情勢

第二章 権力の気まぐれ

第三章 アイデンティティから普遍性へ

第四章 エルンスト・ルビッチ、セックス、間接性

結論――われわれはいつまでグローバルに行動し、ローカルに考えられるのか

 

原注
訳者あとがき
主要人名索引

line2.gif

[著者] スラヴォイ・ジジェク

1949年スロヴェニア生まれ。哲学者。リュブリアナ大学社会科学研究所上級研究員。ロンドン大学バークベック人文学研究所インターナショナル・ディレクター。ラカン派精神分析学と共産主義を武器に、哲学や政治理論における新地平を切り拓き、文学や映画を縦横無尽に論じている。

[訳者] 中山徹(なかやま・とおる)

1968年茨城県生まれ。専門はイギリス文学。一橋大学大学院言語社会研究科教授。単著『ジョイスの反美学』(彩流社)のほか、『脆弱なる絶対』『操り人形と小人』『暴力:6つの斜めからの省察』『絶望する勇気』(いずれも青土社)などスラヴォイ・ジジェクの翻訳を多数手掛ける。