Uberland ウーバーランド

-アルゴリズムはいかに働き方を変えているか-

アレックス・ローゼンブラット 著,飯嶋貴子 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
Uberland ウーバーランド

定価本体2600円+税

発売日2019年7月25日

ISBN978-4-7917-7186-8

巨大テクノロジー企業が生んだ、新しい働き方の光と影を探る。

アルゴリズムで「最適化」されたプラットフォームで、スキマ時間に好きなだけ働くことを提する「ギグエコノミー」の時代。アプリ設計上の小さな仕掛けから長期戦略まで、巨大テクノロジー企業が生んだ新しい働き方の光と影を、Uberの役員や125人のドライバーへのインタビューから暴き出す。

line2.gif

【目次】

謝辞

序論 アプリを使って仕事をする
      ニューエコノミーのシンボルとしての Uber 

 1 運転という魅力あふれる仕事
      
Uber はシェアリング・エコノミーの神話をどう利用するか

 2 ドライバーになるモチベーション
      Uber のシステムはフルタイム・ドライバーと趣味のドライバーの報酬を
      どのように変えているか

 3 テクノロジーの売り込み
      Uber はどのように大衆に起業家精神を生みだしているか

 4 怪しい仲介者
      Uber は料金をどのように操作しているか

 5 背後に隠れて
      Uber はどのようにアルゴリズムを利用してドライバーを管理するか

 6 メジャーリーグでプレイする
      Uber はどう試合を運ぶか

結論 Uber の新時代
      テクノロジーの消費は働き方のルールをどのように書き換えたか 

付録1 研究手法――私は Uber をどのように調査したか
付録2 Uber を超えるライドヘイリング――双子の弟分 Lyft との出会い

訳者あとがき
索引

line2.gif

[著者]アレックス・ローゼンブラット(Alex Rosenblat)

テクノロジー・エスノグラファー。データ・アンド・ソサエティ研究所の研究者。 マギル大学歴史学学士号、クイーンズ大学社会学修士号取得。『ニューヨーク・タイムズ』『ハーバード・ビジネス・レビュー』『アトランティック』などへ寄稿。世界的に注目されるUberに関する研究は、『ニューヨーク・タイムズ』をはじめ、『ウォールストリート・ジャーナル』『MITテクノロジー・レビュー』『ワイアード』『ニュー・サイエンティスト』『ガーディアン』等で取り上げられており、『インターナショナル・ジャーナル・オブ・コミュニケーションズ』や『コロンビア・ロー・レビュー』など数多くの学術専門誌でも論文が公開されている。

 

[訳者] 飯嶋貴子(いいじま・たかこ)

翻訳家。訳書に『めかくしジュークボックス』(工作舎、共訳)、『共産主義が見た夢』(ランダムハウス講談社)、『留守の家から犬が降ってきた』(青土社)がある。