ストリートアートの素顔

-ニューヨーク・ライティング文化-

大山エンリコイサム 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ストリートアートの素顔

定価本体2600円+税

発売日2020年1月24日

ISBN978-4-7917-7243-8

20世紀アメリカが生んだ世界最大の視覚文化=ストリートアート。貴重な取材をもとに綴られる初の人物史。
ニューヨークで制作と研究を続ける著者が、ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリング、フューチュラ2000ら12名を論じ、街角のアートと美術史、そして社会が交差する最前線に私たちを誘なう。
タキ183、ココ144、トレイシー168、ジョン・フェクナー、フューチュラ2000、ドンディ・ホワイト、レディピンク、ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリング、スティーブン・パワーズ、EKG、クリス・メンドーザ。

line2.gif

[目次]

はじめに               

公差域のポリフォニー──タキ183

文字と数字のケミストリー──ココ144

ワイルドスタイルと自然──トレイシー168

ジェネレートする場──ジョン・フェクナー

空気転送するエアロゾル──フューチュラ2000

自己開示するスタイル──ドンディ・ホワイト

縫い合わされる死──レディピンク

永劫回帰する落書き──ジャン=ミシェル・バスキア

埋め尽くされた時間──キース・ヘリング

サインペインティングの遺伝子──スティーヴン・パワーズ

象徴編集システム学──EKG

製図師の夢──クリス・メンドーザ

おわりに               

謝辞

line2.gif

[著者] 大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)

アーティスト。慶應義塾大学 環境情報学部 卒業。東京芸術大学大学院 美術研究科 先端芸術表現専攻 修了。エアロゾル・ライティングのヴィジュアルを再解釈したモティーフ「クイックターン・ストラクチャー」をベースに壁画やペインティングを発表し、現代美術の領域で注目を集める。一九八三年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれ、同地で育つ。二〇一二年よりニューヨークを拠点に世界各地で展覧会を行なうほか、著書『アゲインスト・リテラシー──グラフィティ文化論』の刊行、『美術手帖』エアロゾル・ライティング特集の企画・監修、コム デ ギャルソンやシュウ ウエムラとコラボレーションするなど、多角的に活動する。大和日英基金(ロンドン)、マリアンナ・キストラー・ビーチ美術館(カンザス)、ポーラ美術館(箱根)、中村キース・ヘリング美術館(山梨)、タワー49ギャラリー(ニューヨーク)で個展を開催。
www.enricoisamuoyama.net