たん・たんか・たん

-美村里江歌集-

美村里江 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
たん・たんか・たん

定価本体1800円+税

発売日2020年4月22日

ISBN978-4-7917-7264-3

好きなもの

呪文のように

書き続け私にだけ効く

マントラとする

深夜のキッチンに米をばらまいたり、連れているペットの顔でマンションの住人を覚えていたり、輪ゴムが溜まっていったり、点滴と一緒に歩いたり、桃の香りの消しゴムを半分こしたり……、生きている一瞬一瞬の味の濃さに惹かれました。――穂村弘

line2.gif

[目次]

はしがき

 

ちいさきものたちよ

一年詠って

この街、この風景

怪しく踊る歌

日々はめぐる

短歌の不思議 五月の発見

たべものに捧ぐ

タンタンの好物

まぼろしを詠む

真四角の五ヶ月間

いくつもの〈あなた〉に

一〇〇までの道のりと、一〇〇を超えた先の違い

思い出すことなど

短歌と釣りの、からだにちょうど合うほどの結果

演じることをめぐって

向田さんについて

わたしは〈わたし〉と生きていく

 

あとがき

附録―全七〇〇首一覧

line2.gif

[著者]美村里江(みむら・りえ)

女優、エッセイスト。1984年埼玉県生まれ。2003年デビュー後、ドラマ・映画・舞台・CM等で活躍を続けている。エッセイや書評などの執筆活動も行い、複数のコラムを連載中。著書に『ミムラの絵本日和』『ミムラの絵本散歩』(共に白泉社)、『文集』(SDP)がある(2018年「ミムラ」から改名)。