ユリイカ2020年5月号 特集=韓国映画の最前線

-イ・チャンドン、ポン・ジュノからキム・ボラまで-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2020年5月号 特集=韓国映画の最前線

定価本体1500円+税

発売日2020年4月28日

ISBN978-4-7917-0385-2

韓国映画の最前線を追う。
イ・チャンドン、ホン・サンス、パク・チャヌクからユン・ガウン、キム・ボラ、そしてもちろんポン・ジュノ――。百花繚乱の春がいま韓国映画に訪れている。本特集では『パラサイト 半地下の家族』はもちろん、『建築学概論』、『タクシー運転手』、『金子文子と朴烈』、さらにはヨンギドル出演作品まで、あまたのジャンルを横断しながら韓国映画の豊穣を味わい、その魅力に迫っていく。
目次予定*【インタビュー】キム・ボラ【対談】深田晃司×真利子哲也【エッセイ】四方田犬彦/野崎歓/斎藤真理子/ハン・トンヒョン/木全純治/桑畑優香/片山慎三/成川彩…【論考】李香鎮/北小路隆志/李孝徳/吉田広明/鷲谷花/西森路代/丸屋九兵衛/北村紗衣/宣政佑/夏目深雪/森類臣/北村匡平/河野真理江/影本剛/森元斎…【資料】加藤知恵+荒井南「韓国映画ガイド2020」