イメージの心理学 新装版

河合隼雄 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
イメージの心理学 新装版

定価本体1800円+税

発売日2020年4月24日

ISBN978-4-7917-7276-6

河合さんの本は難解ではない。特にこの本は詩を書いている私が若い頃から親しんでいる「イメージ」がテーマだから、詩作から実生活にわたる、自分のこととして読んでしまう。
――谷川俊太郎

line2.gif

[目次]

イメージと深層心理学
深層心理学と実験心理学/イメージの重要性/「私」の心理学/イメージと概念

イメージとは何か
イメージの「私」性/イメージの特性/イメージと心的エネルギー/イメージとシンボル

神話・伝説・昔話
物語ること/心の現実/コスモロジー/神話・伝説・昔話/文化差

イメージと元型
個より普遍へ/元型とはなにか/普遍的意識と普遍的無意識/個性化の過程/共時性

心理療法の実際
心理療法の狙い/イメージの世界/内界と外界/コンステレーションを読む/治療者・クライエント関係

夢分析
夢の不可解さ/夢分析/「体験」としての夢/夢を生きる/実際的問題

箱庭療法
箱庭療法について/「創ること」と「癒やすこと」/「おさめる」こと/夢と箱庭/ゲニウス・ロキ

宗教とイメージ
神体験とイメージ/身体性/シンボルの盛衰/マンダラ/死後の世界

境界例とイメージ
境界例とは/境界のイメージ/二分法へのプロテスト/両性具有/治療者の両性具有

イメージと言語
解釈とは何か/言語の特性/深層心理学と言語/拡充法/再び解釈について

イメージと創造性
ポアンカレの体験/創造の病い/芸術の場合/人生の創造

ライフサイクルとイメージ
ライフサイクルとは何か/直線と円環/老人と子ども/死と再生/死後の生命

あとがき

新装版へのあとがき 谷川俊太郎

line2.gif

[著者]河合隼雄(かわい・はやお)

心理学者。一九二八年兵庫県生まれ。京都大学理学部卒。一九六五年日本人初のユング分析家の資格を取得。著書に『ユング心理学入門』(培風館)『影の現象学』(思索社→講談社)『無意識の構造』(中央公論社)『昔話と日本人の心』(岩波書店)『明恵 夢を生きる』(京都松柏社→講談社)『とりかえばや 男と女』(新潮社)他多数がある。二〇〇七年七月、逝去。