キャラがリアルになるとき

-2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論-

岩下朋世 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
キャラがリアルになるとき

定価本体2000円+税

発売日2020年7月20日

ISBN978-4-7917-7288-9

キャラクターはもはや虚構の存在ではない
『きのう何食べた?』『寄生獣』『課長島耕作』から、ミュージカル『テニスの王子様』『仮面ライダー電王』『ヒプノシスマイク』まで……次元と世界をつなぐ、キャラクター論の新地平。

装画:服部昇大

line2.gif

[目次]

Ⅰ マンガのなかの「人間」たち

序論 キャラクターを享受すること

1 キャラクターと囲む食卓――グルメマンガの実用性とリアリティ

2 〈まなざし〉の行方――『雨無村役場産業課兼観光係』試論

3 「世界」の描き分け、キャラクターの対話――描画スタイルの併用について

4 “ぽっちゃりヒロイン”は伊達じゃない――『BUYUDEN』にみる『少年サンデー』スポーツマンガの系譜

5 動かずに立つキャラクター――「死に様」から読む『島耕作』入門 

6 岩明均の輪郭、線――パラサイトからマンガ的人間へ

 

Ⅱ 「リアル」に乗り出すキャラクターたち

7 誰が「変身」しているのか?――「特異点」としての『仮面ライダー電王』

8 2次元と2・5次元の『テニスの王子様』――キャラクターの成長、キャラクターへの成長

9 「マンガの実写化」と「マンガから生まれた映画」――マンガ原作映画についての覚え書き

10 マンガと2・5次元――『弱虫ペダル』におけるキャラクター生成のメカニズム

11 「リアル」になる――キャラクターとしてのラッパー

12 キャラクターはどこにいる――『ヒプマイ』そして「解釈違い」

 

ブックガイド 「マンガ論の現在」のこれまでとこれから

 

あとがき

初出一覧

line2.gif

[著者]岩下朋世(いわした・ほうせい)

1978年、鹿児島県生まれ。専門はマンガ研究・メディア論。東北大学大学院情報科学研究科博士課程修了。現在、相模女子大学学芸学部メディア情報学科教授。単著に『少女マンガの表現機構――ひらかれたマンガ表現史と「手塚治虫」』(NTT出版、2013年)、共著に『マンガ研究13講』(水声社、2016年)『マンガ視覚文化論』(水声社、2017年)など。