しっぽがない

小沼純一 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
しっぽがない

定価本体1600円+税

発売日2020年9月19日

ISBN978-4-7917-7301-5

犬とのさり気ない日常を超えた無音の和音が聞こえてくる。――谷川俊太郎

気がつけば、犬の存在そのものが心の一部になっている。――鶴田真由
変わりゆくもの、簡単には変わらないもの。ぼくと妹の紗枝、そして犬の「マル」たちをめぐる、家族と記憶の物語。

森泉岳土・絵

line2.gif

[目次]

スピッツ

三河犬

短命

結婚

上海の犬

野性

何代目

わたしの犬

お墓

鳴き声の記憶

紗枝とマル

ドッグフード

抱擁

しっぽ

レトリーバー

死ぬからね

散歩

景色

マルの視線

ぼくたちのかつて

アメリカ軍

攻撃

タクシー

犬小屋

傘とビニール袋とリード

にくしみ

あっというまに

たちすくむ

告白

マルの、マルたちの

 

あとがき

line2.gif

[著者]小沼純一 (こぬま・じゅんいち)
1959年東京都生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門は音楽文化論、音楽・文芸批評。第8回出光音楽賞(学術・研究部門)受賞。創作と批評を横断した活動を展開。近年の主な著書に『音楽に自然を聴く』『オーケストラ再入門』(以上、平凡社新書)、『本を弾く――来るべき音楽のための読書ノート』(東京大学出版会)、『映画に耳を――聴覚からはじめる新しい映画の話』(DU BOOKS)、『魅せられた身体――旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』(青土社)ほか。創作に『sotto』(七月堂)などがある。
 

[絵]森泉岳土 (もりいずみ・たけひと)
1975年東京都生まれ。マンガ家。墨を使った独自の技法で数多くのマンガ、イラストレーションを発表している。自身原作に『爪のようなもの・最後のフェリー その他の短篇』(小学館)、『セリー』『報いは報い、罰は罰(上・下)』(以上、KADOKAWA)など、文学作品のマンガ化に『村上春樹の「螢」・オーウェルの「一九八四年」』『カフカの「城」他三篇』(以上、河出書房新社)などがある。