文章の作法(仮)

-小説・随想・論文(仮)-

蓮實重彦 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
文章の作法(仮)

定価本体予価2400円+税

発売日2020年10月23日

ISBN978-4-7917-7319-0

蓮實重彦はいかにして言葉を紡いできたか?
数多くの随想、映画・文学・スポーツ批評や社会時評の執筆、雑誌『リュミエール』などの編集、小説『伯爵夫人』の創作——フィクションとノンフィクションに長年対峙してきた氏の「言葉」と「映画」をめぐる論考とインタヴュー。三島由紀夫賞受賞時のスピーチとインタヴュー「小説が向こうからやってくるに至ったいくつかのきっかけ」から、韓国誌『FILO』による最新のロングインタヴューまで。