オブジェの店

-瀧口修造とイノセンス-

寺村摩耶子 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
オブジェの店

定価本体予価2600円+税

発売日2020年10月23日

ISBN978-4-7917-7323-7

笑い・驚き・思索——日常を挑発する!
オブジェとは、モノ、目の前にある物体をいう。突然の予期せぬ出会いの如く出現するオブジェは、人を当惑させ、解明困難な「謎」へと誘う。使用目的と無関係なモノの意味とは? 便器を芸術というデュシャンをはじめ、ムナーリ、ブルトン、瀧口修造、タルホ、井上洋介、宇野亜喜良、佐々木マキ……、文学・美術・絵本に出現したオブジェは人の深層意識・無意識を顕在化させ、不思議・驚異へと挑発し続ける! 本邦初の本格的オブジェ論。