命を落とした七つの羽根

タニヤ・タラガ 著,村上佳代 訳

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
命を落とした七つの羽根

定価2,640円(本体2,400円)

発売日2021年5月26日

ISBN978-4-7917-7378-7

人種差別が生んだ悲劇とその街の歴史とは
1966年、12歳のチェイニィ・ウェンジャックは、先住民族の同化政策の一環としてカナダ政府が運営する寄宿舎学校から逃げ出す途中、線路上で凍死した。それから四半世紀以上経った2000年から2011年の間、オンタリオ州のサンダーベイで7人の先住民の高校生が死亡した。日常に溢れる先住民への差別と人々の無関心、そして堪え難い孤独――。7人の若い羽根たちが辿った生と死の軌跡を丹念にたどり、彼らの家族や先住民族の物語をとおして、小さな都市の歴史に植民地時代から今日に続く政策や制度上の人種差別、先住民への人権侵害の縮図を鮮明に映し出す。