ユリイカ2021年5月号 特集=アンリ・マティス

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2021年5月号 特集=アンリ・マティス

定価2,090円(本体予価1,900円)

発売日2021年4月27日

ISBN978-4-7917-0400-2

「マティス 自由なフォルム」展(国立新美術館)に向かって
アンリ・マティスは近代と現代を絵画によって分かつかのようである。それは単に画家の生きた時代の区分によるばかりではなく、マティスという作家の営為がそのように批評においても長く位置づけられてきたことはわれわれがなにを絵画にみようとしてきたのかというその問いに接している。マティスとは絵画にとってなんであったのか、絵画とはいままたそこから始まるものである。今秋に国立新美術館にて開催予定の「マティス 自由なフォルム」展を控えて、マティスを再考するその好機となす。

line2.gif

目次予定*【論考】松浦寿夫/三浦篤/永井隆則/河本真理/大久保恭子/阿部成樹/二村淳子/熊谷謙介/松井勝正/田口かおり/筧菜奈子/沢山遼/松井裕美/打林俊/横山由季子/北原まり子/中西麻依…【資料】天野知香