ストーリー・マンガとはなにか

-手塚治虫と戦後マンガの「物語」-

森下達 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ストーリー・マンガとはなにか

定価2,860円(本体2,600円)

発売日2021年9月21日

ISBN978-4-7917-7416-6

なぜ耳男は死ななければならなかったのか
『地底国の怪人』『メトロポリス』『38度線上の怪物』『罪と罰』――戦後ほどなく発表された初期作品において手塚治虫が試みたものはなんだったのか。赤本、雑誌、貸本といったメディア環境の変化や、戦前・戦中期の児童文化のありようを丹念にたどり、キャラクターが生と死を演じる「物語」を描くストーリー・マンガの誕生に迫る。気鋭が挑むマンガ研究のハード・プロブレム。