ユリイカ2021年11月号 特集=綿矢りさ

-『インストール』『蹴りたい背中』から『勝手にふるえてろ』『かわいそうだね?』、そして『生のみ生のままで』『オーラの発表会』へ…綿矢りさの20年-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
ユリイカ2021年11月号 特集=綿矢りさ

定価1,650円(本体予価1,500円)

発売日2021年10月28日

ISBN978-4-7917-0408-8

作家デビュー20周年! 映画『ひらいて』10月22日公開
恋、あるいは誰もその呼び名を知らないような強く他者を想う気持ちが、ホラー短篇集『憤死』からSF作『大地のゲーム』まで、あらゆる綿矢作品の旋律を支えている。大九明子による実写映画化(『勝手にふるえてろ』[2017]、『私をくいとめて』[2020])がもたらした衝撃はいまなお記憶に新しいが、来たる10月22日には新鋭・首藤凜監督による映画『ひらいて』の公開が控えている。「インストール」での作家デビューから20周年を迎えた本年、新たな息吹を吹き込まれながら更新を続ける綿矢りさの作品世界の魅力に迫る。
目次予定*【インタビュー・書き下ろし】綿矢りさ【対談】綿矢りさ×武田綾乃(司会=瀧井朝世)【座談会】綿矢りさ×大九明子×首藤凜(司会=羽佐田瑶子)【エッセイ・談話】千葉俊二/長嶋有/柚木麻子/犬山紙子/青山七恵…【創作・マンガ・イラスト】小林エリカ/今日マチ子/北澤平祐/文月悠光…【論考】倉田容子/さやわか/泉谷瞬/笠井康平/三宅香帆/水上文/佐々木ののか…【資料】岡英里奈+小泉由美子「綿矢りさ主要作品解題」