清少納言がみていた宇宙は、わたしたちのみている宇宙と同じなのか?

-新しい博物学への招待-

池内了 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
清少納言がみていた宇宙は、わたしたちのみている宇宙と同じなのか?

定価1,980円(本体1,800円)

発売日2021年12月20日

ISBN978-4-7917-7440-1

あらゆるものを等しい目線で素描する。
清少納言が『枕草子』で描いた「すばる」は現在のわたしたちが観測するものと同じみえ方をしていたのか? クレオパトラはなぜ真珠を飲めたのか? 古代中国のブランコはどのようにして動いていたのか?
科学者の目で古今東西の文章を渉猟する、サイエンス・エッセイ。
2001年に出版された『天文学と文学のあいだ』を最新の知見に合わせて改稿、書き下ろしの章も加え、新たにリリース!