現代思想2022年1月臨時増刊号 総特集=ウィトゲンシュタイン

-『論理哲学論考』100年-

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
現代思想2022年1月臨時増刊号 総特集=ウィトゲンシュタイン

定価2,420円(本体予価2,200円)

発売日2021年12月21日

ISBN978-4-7917-1424-7

現代哲学の最重要文献を読みなおす
現代哲学の方向性を決定づけた20世紀最大の哲学書にして、ウィトゲンシュタインが生前に出版した唯一の著作『論理哲学論考』。その刊行から100年を迎える節目の年に、その解釈の古典から最前線までを見渡したい。現場をよく見るように促し、まったく新しい物の見方を次々に提示し、額に汗して誠実に考え抜くウィトゲンシュタイン哲学のコアに迫る、記念碑的総特集。
目次予定【翻訳】G.E.M. アンスコム/C・ダイアモンド【寄稿】荒畑靖宏/飯田隆/大谷弘/小泉義之/齋藤直子+P・スタンディッシュ/白川晋太郎/菅崎香乃/杉田浩崇/鈴木崇志/鈴木祐丞/田中祐理子/谷田雄毅/野家啓一/野上志学/古田徹也/槇野沙央理/山田圭一/吉田寛/吉田廉