祖霊という装置

佐々木孝次 著

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
  • Google+でシェア
祖霊という装置

定価本体2300+税

発売日1992年11月

ISBN4-7917-5220-1

祖霊は日本人の意識の根幹を形成する〈象徴的なもの〉である。家から天皇制にいたるさまざまな深層に仕掛けられた、この不可視のネットワーク=祖霊という装置を、根底から解析し、日本人の価値観の特異性を摘出する野心的な論考。